コンサルタント3年目 須貝宏幸さん

■参加してみての感想はいかがですか?

ワークショップ風景そうですね。アルスは、自分の中のものをしっかりと深められる機会だなと思います。自分の内発的な動機といった、大切な部分をみんなでディスカッションしながら考えを深められる場。私はそういう風に感じています。

正直なところ、その得たものを血肉にする、習慣化するというのは、自分で工夫しないといけなくて、アルスに参加しただけでは難しいだろうと思います。どうしても、実際に業務に忙殺されてしまうと、忘れてしまったりして。(Co-ducation注:この点に関してはトライアル実行時よりもプログラムも改編しています)

ですから、自分で目標というか、テーマを持って取り組んだ方が得るものが大きいだろうと私は考えています。

■初回に参加されての感想が以下のようなものでしたね。

「初対面の人だらけだったにも関わらず、抵抗感無く、本音で話すことが出来たのはとても有意義でした。open-mindedな方が多かったのが、要因の一つであったかな、と思います。」
「結構タフな時間と分量でした。自分の感覚では、結構早いサイクルでワークが変わっていったという印象です。」
「ワークを通して、自分の夢や目標がどれほど曖昧な状態になっているかを見せつけられたなー、と感じました。焦る気持ちが強いのですが、自分の気持ちに素直に、今一度、目標を再設定しようと思います。なので、最近は材料集めをするために、『色んな人に会うぞー』強化期間です^^;」

そうでしたね(笑)実際、初対面であれだけしゃべれるとは思いませんでした。

ワークショップ風景アルスに参加して、私にとって一番価値があったのは、やっぱり、横のつながりができたことでした。自分の会社の中のつながりとは違う。ただの飲み会ではなく、アルスに参加するメンバーはお互いに考えたいテーマを持っているし、そういう意味で仲良くもなるし、突っ込んだ話もできます。そういう仲間ができる、というのところは大きな価値だと感じています。

自分自身のことを言うと、アルスに参加して、石川さんのコーチングの話とかを聞いて、興味がさらに広がったり、強くなったりというのもありました。私自身、コーチングとか、組織開発とかには興味が強かったので、その点での刺激もありましたね。

私は、アルスは「マーケティングに興味がある」「システム開発に興味がある」という人よりは、キャリアを深めたいとか、チームや組織を良くしていきたい、そういう人の方が面白いんじゃないかなと思います。

私はその辺に興味があったので、コーチングを体験できたのは面白かったですね。コーチングのお作法を一通りやったのは意味がありました。コーチングというのは、”コーチ”にならなくても、対人関係で活きますよね。僕も対人関係がよくなりました。これは具体的によかったことですね。

具体的になりますけど、何か提案をする際に、自分の意見を言うことに重心を置くのではなく、相手の状況などを大切にする。正しいことをいうだけが正解ではなく、相手を見て、受け止めることに徹するときも持つとか。その辺は学びがありました。

■横のつながり、というのが結構価値があったのでしょうか?

そうですね。普段、友達とだとアルスで話すようなトピックってあんまり話さないんですよね。話したくても。そもそもコミュニケーションとは何かとか、自分の夢がとか。でも、不思議なことに、今まで全然知らなかった、アルスで初めて会った人と、自然に深い話ができるんですよね。それは魅力だと思います。

友達に、急にそういう話をしても「なんだ??どうしたんだ??」ってなっちゃうことも多いと思います(笑)

人と話をしてて、みなさんそれぞれ意見があって面白かったですね。自分とは違うことも多かったし、「僕はそういうのはできない!すごいなぁ!」っていうのも(笑)

■アルスに向いている人、向いていない人っていうのはあるでしょうか?

人が好きで、人と話すのが苦にならない人は向いているタイプだと思います。コミュニケーションをとることで学習とか成長のエンジンが回るタイプは持って帰るものが多いと思いますね。

アルスは、しっかりみんなで議論する時間が多いですから。自分からも発信して、そうすると議論も建設的になるし、それに対する反応も返ってきていい時間になると思います。

■あらためてアルスの価値はどのあたりにあると思いますか?

私にとっては、内発的動機というか、仕事って何だろうねとか、キャリアってなんだろうねとか、最終的に自分は何をしたい、自分が何が好きか、そういうことになってきて、自分の内側を見る機会になっています。

そういうことは、時間をとってやらないと大事なことなのになかなかできないので、そういうことを集中してやるいい機会ですね。自分の言葉でアウトプットしますし、文字にもするし、それらを後で見返すこともできるので。

■印象に残っているワークは何かありますか?

死ぬ時に、あなたはどんな弔辞を述べられていたいか、っていうのがありましたよね。あれは印象に残っています。なかなか、そういう問われ方ってしないので。本当に自分は何をしたいのか、周りの人とどういう関係を作りたいのか。あの時間は自分にとっては大きかったですね。

■アルスに参加して何か変化がありましたか?

具体的なスキルでどうとか、何かができるようになったとか、そういう感じじゃないんですよね。捉え方が変わるというか、増えるというか。効率性が上がるというよりは、視点が増える。そういう効果があるかなと個人的には思っています。