大学職員5年目 H.M.さん

■参加してみての感想はいかがですか?

ワークショップ風景最初は、参加するかどうかも迷っていて、石川さんにもその相談のメールもしましたけれど、今は参加してよかったなと思っています。

自分の心の持ち方として、負のサイクルに入る自分のパターンがあって、それを改めて自覚できたのもアルスだったわけですけど、その負のサイクルに入るのを防いだりとか、より早く抜け出せるようになったりとか、自分への気づきがありました。

アルスのワークショップということからはズレてしまいますが、Co-ducationの新年会に参加させていただいて、色んな人と出会えたり、石川さんが参加されていた大学1・2年生向けのセミナーに参加したりと、いろいろな人とである機会が増えたこと、アルスに参加したことがきっかけになって、今まで会わなかったような人と会えたというのも良かったですね。

ワークショップ風景それと、印象に残っているのは「アクションプランを作る」ということですね。当たり前のことだし、知っていたわけですけど、それを改めてちょっと違う形でやって。毎日、何をするかは明確にせずに過ごしていたので、特にシナリオプランニングの回でここから4か月をどう過ごすかというのを具体的に考えたことで、今月はこれをやろうと意識を高められました。それを振り返る、ということもアルスの中でもやりましたし、自分の中でも意識が深まっていました。それはアルスだけということではないでしょうけれども。

■アルスに参加して変化したことは?

心の持ち方みたいなものが変わってきたかなぁと思ってます。

私の場合は、一人で抱えてしまって、ずーっと落ちていくばっかり、っていうパターンンがあったのが、そこにストッパーがかけられるようになったりとか。一つ悪いことがあると、どうしてもそればっかりに意識がいってしまうのを、でもいいこともあったなと、冷静に受け止められるようになったりとか。その辺の、心の持ち方ですね、そこが変わってきたと思います。

■人に紹介するならアルスはどのようなものだと紹介されますか?

私もそうだったからなんですけれど「迷うなら参加してみた方がいいよ」と。
迷う、っていうのって何かを変えたいとか、そういう想いがあるから迷うんだと思うんですね。そういう想いがなかったら、そもそも迷わないですもんね(笑)

アルスに参加することで、キャリアがどうこうということだけでなく、生きていく上で視野が広がったり、考え方が広がったりすると思います。

弔辞を考えるというワークをやりましたよね。あのあと、同じような話をほかの人ともしていて。「今の人生は予行演習じゃなくて、今まさに人生を生きてるんだ」って話だったんですけど、アルスで考えた内容ととてもリンクしていますよね。

■視野を広げられる場所、ってことでしょうか?

本とかを読んで、読めばできるって人もいるかもしれませんが、そうじゃなくて、人と話すことで自分の気づきがあったりとか、自分じゃわからないところを周りが発見してくれたりとか、そういうことがあるんですよね。

そうやって視野を広げられる場所かなと思います。

「今めっちゃ楽しい!」という人は、今が充実しているのだし、無理に視野を広げようと参加しなくてもいいと思いますが「何かちょっと変えたい」とか「よりよくしたい」みたいな想いがある人には、いいきっかけとなる場所じゃないでしょうか。

■ほかに印象に残ったことは何かありますか?

「新しい刺激があった」ってことですね。最初も言いましたが、出会いがいろいろあって、楽しかったです。全然違う業界、自分が就職活動した時代には、考えもしなかった業界の人たちとかと出会って。普段、会社っていう、一つの箱の中にしかいないじゃないですか。自分の今後とかを考えるうえで、とても刺激になりましたね。